2012年04月01日

朝食を抜く事について

 ダイエットにも関係ありますし、健康上も良いと思われることから、私は「半日断食」を実践しています。「半日断食」とは朝食を抜く事により、前日の夕食後から翌日の初めての食事までの間を16時間ほどあけるというものです。朝食は一日のエネルギーになるから食べなければならないというのが通説ですが、この本
はそうではなく、胃腸をしっかり休ませる事が健康の上で大切なのだと主張しています。


 また、以前紹介した『BORN TO RUN』という本の登場人物も思い立ったらいつでも走り出せるように腹一杯には食べないといったことが書かれたシーンがありますが、やはり、一種の生き物としていつでも活動できる腹具合にしておく必要があるのではないかと思います。
 一種の生き物としてどうあるべきかを考えながら生活すると自然な体型になっていくのではないでしょうか。
 半日断食については『長生きしたければ朝食は抜きなさい
』という本がありますので、是非参考にしてください。
posted by なる at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259294221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FX初心者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。